miscellaneous information

雑多な情報

新生活の準備その1 春から住む部屋と引越しの日程を決めた。

3月の初めに次の会社の近くの街に行って住む部屋を決めてきた。物件候補は5件くらいあって、順番に回って内見などをしたのだが、その中で唯一、前の住人がまだ退去してなくて中を見られなかった部屋があった。でもそこに決めてきた。なんとなく、ここだなという気がしたのだ。理由は特にない。駅に近いとか、南向きとかそういうことは多少あるけど、決めたのは直感でしかない。直感、インスピレーション、シックスセンス、ただの勘。でも、俺の勘は当たらない。もし俺の勘がもう少しでも鋭ければ、馬券成績ももう少しはマシだろう。だから、この直感には特に期待はしていないし何の意味もない。だけどそういう気がしたんなら、それに従わない理由もないのでそこにした。いつも思うことだけど、結局のところ、分からないことを決める時は運でしかないのだし、俺は運は良くないが、失敗には慣れているし、多少は落ち込むけど、それでもまた一からやり直したり、なんとか立ち上がってまた歩き出したりするのは得意なのだ。ということで問題があったのならまた引っ越せばいいと思って外観だけ見てすぐにそこに決めた。

それで、ひとまず住むところは決まったので、次に引越しの日程を業者と打ち合わせて、単身パック的なやつで日程を決めた。ちなみに、部屋の敷金礼金と引っ越しと自分の移動費など諸々の費用はすべて会社が負担するということでありがたい。

それから今の賃貸の管理会社に退去の連絡をした。いまのマンションは、騒音などいろいろと問題はあったけど、全体的にみるとそんなに悪くはなかったと思う。まず家賃が安くてそこがとても気に入ったし、近くに大きめの銭湯が二つあるのもよかった。

あとやることはなんだろう。電気ガス水道とかに連絡するのかな。役所に転出届を出しに行かないといけないのは知っているぞ。あとは郵便局にも連絡するんだ。他にも各種いろんな契約物の住所変更をやらないといけないな。まあぼちぼちやろう。

もう一つ、今日、百貨店に行って、綺麗なボールペンを買った。モンブランの黒とシルバーのシンプルなやつで、お値段もなかなかだった。けど、それを買った。なんというか、新しい環境にビビっている俺には、そういうのがいるのだ。これが証なのだ。不安と期待、勇気と挑戦のシンボルだ。そういうのがあると良いと思う。

というような感じで、新生活の準備をしているんだという記録。