miscellaneous information

雑多な情報

就職活動その4 内定をもらったので4月からそこで働くことにする

内定をもらった。面接2回とSPI。応募した17社の中で一番大きな会社で一番条件の良い会社だった。記念受験みたいな気持ちだったので開き直って面接に挑んだのだが、それが逆に良かったのかもしれない。

活動期間はおよそ一か月半。あっという間だった。一息つきたいところだけど、これからすぐに引っ越しや新生活の準備をしないといけない。3月31日退職、4月1日入社だ。

転職先での職種や業務内容はこれまでと同じなのだが、なにせ大手の開発部。自分の技術レベルなんか、正直全然足りてないと思うのでやっていけるのか不安な気持ちしかない。必死について行けさえすればスキルはかなり上がるのだろうが、全然自信ない。それと英語も真面目に学ばないといけないようだ。やれやれ。

結局、転職は運と縁である。という誰かの言葉に尽きるのではないかと思う。この内定が自分の努力や行動の成果という気には少しもならないし、そもそも努力なんかしていないのだ。転職サイトに登録して経歴書を書いてエージェントに紹介された求人から自分の経験にマッチしていて条件が今までより良くなる会社を選んで応募しただけである。その中の1社にたまたま何かがはまって、たまたま面接もうまくいっただけなのだ。人生とはそういうものなのだろうか。まあ、よくわからないけれど、人生は進んでいく。教訓も秘訣もヒントも何もない転職活動の記録。

 

4月からは新しい会社でいかに悪戦苦闘するかの記録を残していこうか。そっちの方がたぶん面白くなる気がする。そこには挫折と苦悩、愚痴と悲壮感が漂っている気がする。