miscellaneous information

雑多な情報

年収550万円の私が読んだ選りすぐりの本

私の年収は550万円です。平日の8時30分から17時15分まで仕事をします。
残業はありますが帰りたいときは帰ります。通勤は45分。
年間休日は122日+有給休暇。
そんな私が2018年に読んだ本の中で良かったものを、そこからさらに選び抜いて紹介します。

 

「権力」を握る人の法則 (日経ビジネス人文庫)

「権力」を握る人の法則 (日経ビジネス人文庫)

 

あの人、なんであの役職についてるの。そもそも仕事してるの?

生意気なあいつが出世した。たいしてことやってないし、偉そうにしてるだけじゃん?

あの仕事が成功したの、Aさんがいたからなのに、また進級試験落ちたの?

不思議だなと思っていました。不思議なんだけど、でも何となく、そこにはそうなるべくロジックが、確実にあるんだろうという確信めいた予感もありました。

それでこの本には、そのことが書かれています。

出世した人達が、ここに書かれた法則に自覚的であるかどうかはわからない。分かってやっている人もいれば、そもそもそういう性格な人もいるでしょう。

この本を読んだ後になってみると、組織の流れがなんとなく分かるようになりました。普段の生活の中で、ああこの人は権力を握っていくんだなという人が掴めてきます。分かってしまえば、あとは対処次第。まあいいかと思う人には協力するし、いや、こいつはダメだと思う人なら、そうさせない空気を作っていくことができます。毎日が少しだけ楽しくなります。

私自身は出世に興味はないです。

 

 

すいません、ほぼ日の経営。

すいません、ほぼ日の経営。

 

すごいです。怖いです。褒めてます。

やさしく、つよく、おもしろく。そうあれれば私たちの社会はもっと幸せになります。それは間違いないけれど普通はできないことです。普通の企業はやさしくなれないんです。私たちはただ強くなることしかできないです。強さのロジックを身につけてただ強くなるのが精一杯なんです。それだってできればたいしたことなんだ。とも言えます。

そんな世界で、まず、やさしく、という宣言。つよく、おもしろく。そうあってなお、やさしく、を一番前に。その根底に横たわるのは相当シビアなプロ意識でしょう。それをやっている人、そしてやれている組織があるということがすごい。

 

 

競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」― (競馬王馬券攻略本シリーズ)

競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」― (競馬王馬券攻略本シリーズ)

 

 今までの中で一番よく書けているのではないでしょうか。まあ全部読んでないですし、素人の感想ですけども。

他のジャンルを見渡せば、こういうことを、もっとよく書ける人はいますけど、競馬の世界の現役の書き手に限れば、他にいないと思います。

この本には競馬のことが書かれています。だけど、その競馬について書かれている文章を読みながら、私は別のことも思っています。書き手もそうだと思います。競馬のことを書きながら、別のことも描いていると思います。そういう書き手が競馬の世界にもいるというのは楽しいですね。

 

 

 あ、面白い。と思う瞬間が多かったです。それから、ああ、面白かった。と、終わってからも思えました。面白いとは何か。私にはうまく言えませんが、それについてずいぶん深く考えないとこのゲームは作れないと思います。当たり前ですけど。

一番面白いドラクエ。だと思いました。ドラクエ3ドラクエ4をやったときもそう思ったんです。

だから、ゲームってたぶんもっと面白くなりますね。もっと面白いRPGが出てくるんだと思うと楽しいですね。

 

紹介文に、これはあなたの物語です。って、そう書いてありました。でも、それはちょっと違うよね、と思いました。これは彼らの物語で、わたしの物語には重ねられないからです。でも、これを観た私は、わたしの物語、についても、ちょっとだけ静かに考えてみたりすることになりました。そういう雰囲気です。「This Is Us」と紹介文のコピーはちょっとニュアンスがズレていると思います。これは彼らの物語。それであなたの物語はどんな具合ですか?っていう方向だと思います。それを良き感じのコピーにした方がいいと思いました。ドラマとは全然関係ない意見です。素人のたわごとです。

ドラマはすごく面白いです。登場人物それぞれが皆いいです。さっきも言いましたけど、誰かの役柄に自分を重ねるとかそういうことでは無いです。彼らのドラマをただ観ているのが楽しいです。泣いたり笑ったりです。そういうことだと思います。

これから年末にかけてシーズン2を観ます。

 

 

ただただ圧倒的に面白いです。 それ以外に何も言うことは無いです。これを観ている時期はそれだけで人生が楽しかったです。瞬間瞬間が面白さの塊でした。こんな面白いドラマがあるのはすごい。衝撃を受けました。

 

 

ちょっと眠くなったので中断します。また思いついたら追加していきます。