miscellaneous information

雑多な情報

読んでいる瞬間が面白い

今日は図書館で借りてきた舞城王太郎の本を読んだ

 

淵の王

淵の王

 

 読んでいる瞬間が面白いので、内容はあまり分かっていない。後からレビューを読んで、なるほどそういう話だったのかと気付く。